排水処理装置やシステムの紹介ページ

排水処理装置についてわかりやすく解説します


排水処理装置やシステムの紹介ページ

排水処理して綺麗な水で生活をうるおす

現代は製品を作る時に出る工場排水や日常生活で排出する生活排水は各企業毎に設置している排水処理設備や自治体の排水処理施設などによって直接排水を水路や河川に放流する事は無くなりました。また、製造や生活における環境に配慮した製品を使用する事で、排水に含まれる汚染物質も昔と比較するとかなりクリーンにはなってきています。そうはいっても、人間が生活し、社会がこれからも発展的していくためには、これからも排水は発生しますから、よりクリーンにより快適に排水を処理する事が、豊かな生活と社会のよりよい発展につながる事は明らかです。一方、これら排水の処理は、設備もその維持費用もかなりの費用が掛かります。ですから、よりよい水処理には、より高い水処理の能力と、より低い費用を実現する必要が有ります。

排水処理設備のしくみとはどのようなものでしょうか?

排水処理設備は、身近な所では水道水を作っている処理施設が有ります。そのしくみは、排水を一箇所に集め、ろ過し、薬品や微生物で処理して汚泥を分離し、塩素を加えるなど腐敗しにくくして水道水として供給されています。基本的にどのような排水も同じような工程を経過します。食品を始め油や薬品なども排水処理によって分離されていきます。家庭では下水道設備が整備されている場合は、生活排水は下水道配管を伝って排水処理施設へと流れていきます。一方、工場や店舗などではそれぞれの場所に排水設備が設けられていて、有る程度の排水処理を行った上で排水処理施設へと流すようになっています。そして発生する排水の種類の違いに対応するために、排水設備も用途に応じて異なるものが使用されています。

排水処理装置にはどのようなタイプがあるのか?

排水処理装置は排水を汚泥と水に分ける方法によっていくつかの種類が有り、凝集沈殿装置、加圧浮上装置、ろ過装置、生物処理装置、生物処理装置などが有ります。ひとつずつ見ていきますと、凝集沈殿処理装置は凝集剤という材料を排水に加える事で、汚泥を沈殿させて水と分別します。加圧浮上装置とは、水を加圧して空気を飽和状態とし、大量に発生させた気泡によって不純物を浮き上がらせて水分と分離させます。ろ過装置は、繊維や他のろ過材によって排水をろ過して水分と分離させます。生物処理装置は、好気性微生物や嫌気性微生物を使って排水を活性化させ、水と汚泥とガスなどに分離します。尚、それぞれの装置は単独または組み合わせて使用されています。このように排水処理の方法はいろいろ有りますが、これらは自然環境に負荷を掛けないようにする事で、結局は人の生活をうるおす事につながっています。

最適な商品の提案となり料金は応相談となります。 環境の負荷を低減する為水を使った方法で提案します。 有価物回収の技術や水使用量の削減においては世界でもトップレベルの技術となっています。 メールでのお問い合わせは24時間受付をしており、お問い合わせフォームで承ります。 産業と人と自然の調和に貢献するために、「水の専門家」としての活動を行っています。 国内だけでなく海外へ商品の提供実績もあります。 排水処理については実績多数の「オルガノ」